産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


生活支援ロボで共同研究 トヨタとNTT、AI活用

 トヨタ自動車とNTTは25日、障害者や高齢者の生活を支援する家庭用ロボットの普及を目指して共同研究を開始したと発表した。トヨタのロボットとNTTグループの人工知能(AI)関連の技術を活用し、人の行動を先回りして支援する機能の開発を目指す。

 トヨタのロボットは円筒形で、高さ最大135センチ、重さ約37キロ。アームを搭載し、床の上の物を拾ったり、棚から物を取ったりできる。NTTのAI技術は、声や表情を理解して人と会話したり、ロボット同士を連動させたりできる。

 両社はITの展示会などで、特長が異なる複数のロボットを連動させて来場者の希望に応じた記念品を配布するなどの実証実験を行う。研究を通じて、人とロボットの共生に必要な機能を洗い出し、実用化に生かしていく。

「ニュース」のランキング