産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


熊本地震から1年5カ月、サントリーの工場完全復旧

サントリー九州熊本工場から「阿蘇の天然水」を出荷するトレーラー=11日午前、熊本県嘉島町 サントリー九州熊本工場から「阿蘇の天然水」を出荷するトレーラー=11日午前、熊本県嘉島町

 サントリー食品インターナショナルは11日、昨年4月の熊本地震による工場被災で生産を停止していたペットボトル飲料「サントリー 阿蘇の天然水」の出荷を約1年5カ月ぶりに再開した。サントリーグループの生産工場であるサントリー九州熊本工場(熊本県嘉島町)の商品がこれで全て出荷を果たし、地震被害からの完全復旧となる。

 この日の九州熊本工場での出荷式には、小郷三朗サントリー食品インターナショナル社長や、蒲島郁夫熊本県知事が出席。商品は九州・沖縄各県に届けられ、19日ごろから店頭に並ぶ。

 ビールや清涼飲料水などを生産する九州熊本工場は、地震で地盤が沈下し設備が損壊した。サントリーグループは生産ラインの設備を新設させるなどして、昨年11月にビール製造を、今年6月に阿蘇の天然水を含むペット飲料の生産をそれぞれ再開していた。

このニュースの写真

  • 熊本地震から1年5カ月、サントリーの工場完全復旧

「ニュース」のランキング