産経ニュース

麻生太郎財務相「シェアリングエコノミーに対応した税制を検討」 エアビーアンドビーやウーバー…

ニュース 経済

記事詳細

更新


麻生太郎財務相「シェアリングエコノミーに対応した税制を検討」 エアビーアンドビーやウーバー…

閣議を終え会見する麻生太郎副総理兼財務相=8日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影) 閣議を終え会見する麻生太郎副総理兼財務相=8日午前、首相官邸(斎藤良雄撮影)

 麻生太郎財務相は8日の閣議後会見で、自民党の宮沢洋一税制調査会長が平成30年度税制改正で、所得税改革を議論する方針を示したことについて、「シェアリングエコノミー(共有型経済)のような働き方が増える流れは確かで、(それに応じた)税制のあり方を検討するのは間違いではない」と述べた。

 麻生氏は「会社に勤めながら(副業などを)やっているような人を対象にすれば、(今の)所得税制では捕捉できない形になりつつある」と指摘。働き方改革に合わせた税制改正の議論の必要性を主張した。

 共有型経済は、インターネットを通じて、モノやサービスなど個人が保有する遊休資産を貸し借りしたり、売買したりする仕組み。余っている部屋を民泊用に提供するための仲介サイト「エアビーアンドビー」や、一般の車をタクシー代わりに使う配車サービス「ウーバー」などが知られ、日本でも利用者が急増している。

 ただ、貸し借りは仲介業者を通じて個人同士で行われることが多く、そこで得た所得を税務当局が正確に把握できないなど税制上の課題が指摘されている。

「ニュース」のランキング