産経ニュース

4~6月期GDP改定値2.96%増 民間9社予測 設備投資マイナスで下方修正の見通し

ニュース 経済

記事詳細

更新


4~6月期GDP改定値2.96%増 民間9社予測 設備投資マイナスで下方修正の見通し

 民間シンクタンク大手9社による平成29年4~6月期国内総生産(GDP)改定値予測が1日出そろい、物価変動の影響を除いた実質ベースの平均は前期比年率2.96%増と、速報値の4.0%から大幅に下方修正される見通しとなった。1日発表された4~6月期の法人企業統計で設備投資が3四半期ぶりにマイナスに転じたことなどを踏まえた。ただ成長率は依然高水準で、着実な回復基調が続くとの見方が大勢だ。

 予測の幅は2.6~3.3%で、全社が下方修正を見込んだ。

 法人企業統計で季節調整済みの設備投資(ソフトウエア除く)が前期比2.8%減とマイナスに転じたことを新たに反映し、各社ともGDPの設備投資予測を速報値(2.4%増)から大きく引き下げた。

 成長率を最も大きく引き下げたのはみずほ総合研究所で、1.4ポイント下方修正。改定値の設備投資が前期比横ばいになると見込んだ。

 一方、0.7ポイントの下方修正を予測した日本総合研究所は、公共投資が速報値の5.1%増から5.3%増へ小幅に上方修正されると予想した。

 ただ、成長率は下方修正が予想されるとはいえ、「なお強め」(明治安田生命保険)だ。

 景気の先行きについては、世界経済回復に伴う輸出増などで設備投資の増加が期待できるほか、個人消費も持ち直し、「着実な改善を続ける可能性が高い」(第一生命経済研究所)とみられている。 

「ニュース」のランキング