産経ニュース

メルカリ、ブランド品特化の売買アプリ AIで自動査定 偽物は返金補償

ニュース 経済

記事詳細

更新


メルカリ、ブランド品特化の売買アプリ AIで自動査定 偽物は返金補償

 フリーマーケットアプリ運営のメルカリ(東京都港区)は21日、ブランド品に特化した個人売買アプリ「メルカリ メゾンズ」の提供を始めた。出品する商品をスマートフォンのカメラで撮影すれば、人工知能(AI)がブランド名を判別し、過去のメルカリの取引実績などから査定額を算出。出品物がメルカリの審査で偽物と判明した場合は返金などの補償も行う。

 メルカリ メゾンズは、アプリの指示に従って、売りたいバッグや財布の外側と内側、金具などをスマホのカメラで撮影すると、AIが自動的にブランド名・商品名を判別し、金額も査定する。対象のブランドは当初はルイ・ヴィトンとシャネル限定だが、今後拡充する。簡単な商品写真で済むフリマアプリのメルカリに比べると手間はかかるが、松本龍祐執行役員は「商品をより細かく撮影して出品するメゾンズの方が、高値で売れる」と話した。

 メゾンズの発表に合わせて、メルカリは、偽ブランド品が出品された場合の対策を発表。過去の偽ブランド取引などのデータを解析した上で、AIが自動的に疑わしい出品を削除するという。現金の出品も自動削除される。

「ニュース」のランキング