産経ニュース

定員割れ私大の補助減額 財務省、文科省と協議へ 30年度予算編成

ニュース 経済

記事詳細

更新


定員割れ私大の補助減額 財務省、文科省と協議へ 30年度予算編成

文部科学省 文部科学省

 財務省は21日、定員割れが続く私立大学に対し、国からの補助金を減額・停止する方向で文部科学省と協議する検討に入った。一方で質の高い教育を行う大学には予算を重点配分し、平成30年度予算案に反映する考え。少子化で大学が学生を集めにくくなる中、経営改革を促すとともに、大学の再編にもつなげる。

 私大への補助金は、29年度予算で約3200億円を計上している。現在の仕組みは教職員や学生の数などに応じて機械的に計算されており、教育の質や人材育成の成果などが反映されていないとの指摘がある。

 財務省は、補助金を配る基準を見直し、効率化する考えだ。定員割れが続く私大は補助金を減額するほか支給停止も視野に入れる。一方、就職率などが高い大学に対しては、補助金の配分を増やす方向だ。

 日本私立学校振興・共済事業団の「入学志願動向」によると、28年度は私大の44・5%が定員割れとなった。それにもかかわらず「(受け入れ可能な)定員は増えている」(財務省)といい、“放漫経営”も疑われる状況にある。

続きを読む

「ニュース」のランキング