産経ニュース

【ゲーム新時代】現実? 衝撃のVR技術 アニメ主人公になれる

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ゲーム新時代】
現実? 衝撃のVR技術 アニメ主人公になれる

バンダイナムコエンターテインメントのVR施設では、アニメの主人公になって必殺技を体感するアトラクションなどが楽しめる=東京都新宿区(伴龍二撮影) バンダイナムコエンターテインメントのVR施設では、アニメの主人公になって必殺技を体感するアトラクションなどが楽しめる=東京都新宿区(伴龍二撮影)

 険しい岩山が連なる荒涼とした風景が目の前に広がっていた。平成22年、米サンタモニカにあるソニーのゲーム子会社の開発拠点。ソフト開発の最高責任者を務める吉田修平は、スタッフが手作りしたゴーグル型端末の画面に映る光景に衝撃を受けた。

 「ゲームの世界に入り、自分の体が主人公になっている」

 映し出されたのはプレイステーション(PS)3用ゲーム「ゴッド・オブ・ウォー3」のプレー画面。下を向くと筋骨隆々とした“自分”の体が、顔を上げるとギリシャ神話をモチーフとしたゲームの世界が見える。吉田が驚いたのは、現実さながらに視点の移動を再現する技術だ。

 手作りの端末は、外部カメラで傾きや動きをとらえ、ゲームを操作する既存のコントローラーと、視界を覆うゴーグル型のディスプレーを組み合わせたシンプルなものだ。頭を少し動かすだけで視点が変わり、違った角度から物が見える技術は、ゲームの仮想空間と現実の感覚との垣根を取り払うのに不可欠だ。

 人間の感覚器に働きかけ、コンピューターグラフィックスなど実際に存在しないものを、現実のように知覚させる仮想現実(VR)。その技術革新が、ゲームの世界に迫っていることを吉田は確信した。

                 ■  ■

 “草の根”で始まったVRの研究は、2年後に正式な開発プロジェクトとなり、28年10月、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、PS4で仮想現実を体験できる端末「PSVR」を発売。今年6月には、PSVRの世界販売台数が100万台を突破した。

 「テレビ以来のイノベーションだ。VRを一家に1台という状況にしたい」

 SIE取締役で日本・アジア地域を統括する盛田厚はこう意気込む。盛田は、独自開発のブラウン管「トリニトロン」で、カラーテレビを普及させたソニー創業者、盛田昭夫のおいだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 現実? 衝撃のVR技術 アニメ主人公になれる

「ニュース」のランキング