産経ニュース

米国産牛肉の関税50%に 4回目セーフガード、8月発動

ニュース 経済

記事詳細

更新


米国産牛肉の関税50%に 4回目セーフガード、8月発動

緊急輸入制限の発動を発表する麻生財務相=28日午前、首相官邸 緊急輸入制限の発動を発表する麻生財務相=28日午前、首相官邸

 政府は28日、米国産などの冷凍牛肉の日本への輸入量が一定量を超えたため、緊急輸入制限(セーフガード)を発動すると発表した。8月1日から来年3月31日まで、現行の38・5%の関税率を50%に引き上げる。輸入牛肉でのセーフガード発動は平成15年以来、14年ぶりで4度目。

 トランプ米政権は日本の牛肉関税の高さを再三、問題視しており、今回の措置への反発は避けられないとみられる。麻生太郎財務相は記者会見で「米国などの要望を踏まえ、(10月にも予定される)日米経済対話の場などを活用して議論していく」と話した。

 日本は経済連携協定(EPA)でオーストラリア産牛肉の関税を段階的に引き下げている。EPAを結んだ国は、今回発動されるセーフガードの対象外となるため、米国は日本市場で不利な競争を強いられそうだ。

このニュースの写真

  • 米国産牛肉の関税50%に 4回目セーフガード、8月発動

「ニュース」のランキング