産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


ふくおかFGと十八銀、経営統合の再延期を正式決定

記者会見するふくおかフィナンシャルグループの柴戸隆成社長(中央)と十八銀行の森拓二郎頭取(手前)、親和銀行の吉沢俊介頭取=25日午後、福岡市中央区 記者会見するふくおかフィナンシャルグループの柴戸隆成社長(中央)と十八銀行の森拓二郎頭取(手前)、親和銀行の吉沢俊介頭取=25日午後、福岡市中央区

 九州最大の金融グループ、ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)の柴戸隆成社長と長崎県最大手の十八銀行の森拓二郎頭取は25日、福岡市で記者会見し、10月に予定していた経営統合の時期を未定として再延期すると正式発表した。公正取引委員会の審査が難航しているためで、白紙撤回に追い込まれる可能性もぬぐえない。

 会見で柴戸氏は「全ての関係者が納得できる統合を実現するため、議論を尽くす」と述べた。ただ、十八銀とFFG傘下の親和銀行は長崎県内の貸出金シェアで1、2位を争っており、有力行の統合には公取委が難色を示している。

 このため、当初は今年4月に統合し、1年後に十八銀と親和銀が合併する計画だったが、10月まで半年延期。その後、FFGと十八銀は他行への債権譲渡などを公取委に提案したが、了承は得られなかった。

「ニュース」のランキング