産経ニュース

【ビジネス解読】韓国・現代(ヒュンダイ)自動車が「自壊」危機 “お得意様”中国で販売半減も6年連続でスト突入!?

ニュース 経済

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
韓国・現代(ヒュンダイ)自動車が「自壊」危機 “お得意様”中国で販売半減も6年連続でスト突入!?

 韓国の自動車最大手、現代(ヒュンダイ)自動車の成長に急ブレーキがかかっている。最重要市場の中国で傘下の起亜自動車と合わせたグループ販売台数が今年上半期(1~6月)に前年同期からほぼ半減。米国や国内市場の不振も続いている。中国販売の急減は、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に対する中国側の報復措置の影響と、現代自は説明しているが、現代車自体の競争力の低下を指摘する見方も浮上。八方ふさがりの現状にもかかわらず、現代自の労働組合は6年連続のスト実施を決めており、サムスン電子とともに韓国の製造業を代表するガリバー企業は「自壊」の危機にひんしている。

 「未来の成長地域として浮上する重慶市に、環境にやさしい最先端のスマート工場が建設された。中国の消費者のために高品質の新車を生産する」

 現代自の鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長は19日、中国重慶市で開かれた同社の重慶工場の完成記念式典でこうアピールした。

 同工場は現代自にとって中国で5番目の生産拠点となり、来月から稼働する。年間生産台数は約30万台で、今年は小型車を中心に生産する予定という。韓国経済新聞などが報じた。

続きを読む

「ニュース」のランキング