産経ニュース

【G20】中国に擦り寄り、米と距離取ったドイツ…岐路に立つG20、日米欧の結束に揺らぎ

ニュース 経済

記事詳細

更新

【G20】
中国に擦り寄り、米と距離取ったドイツ…岐路に立つG20、日米欧の結束に揺らぎ

ドナルド・トランプ米大統領(右)と会談する安倍晋三首相=8日、ドイツ・ハンブルク(共同) ドナルド・トランプ米大統領(右)と会談する安倍晋三首相=8日、ドイツ・ハンブルク(共同)

 【ハンブルク=西村利也】8日閉幕した20カ国・地域(G20)首脳会議は保護主義への対抗を打ち出す一方、トランプ米政権に配慮し、不公正な貿易相手国への対抗措置を容認した。なんとか協調を取り繕った形だが、自由貿易が後退する恐れもある。「米国第一」に突き進むトランプ政権と欧州など各国との対立が顕在化する中、G20は岐路に立っている。

 鉄鋼・気候変動で対立、温度差

 「(首脳宣言に『保護主義と闘う』との表現が入り)満足している」

 議長国ドイツのメルケル首相は閉幕後の記者会見で振り返った。だが、国際的な枠組みより自国の利益を優先するトランプ政権と各国の意見集約は難航した。

続きを読む

「ニュース」のランキング