産経ニュース

ロッテ株主総会、94歳創業者が取締役退任 長男の復帰提案も否決 次男の経営体制を承認

ニュース 経済

記事詳細

更新


ロッテ株主総会、94歳創業者が取締役退任 長男の復帰提案も否決 次男の経営体制を承認

重光武雄氏(聯合=共同) 重光武雄氏(聯合=共同)

 創業者一族による経営権争いが続くロッテホールディングス(HD)は24日、定時株主総会を東京都内の本社で開き、創業者の重光武雄氏(94)が取締役を退任した。長男で一昨年1月に解任された宏之氏(63)が自身の取締役復帰を求めた株主提案は、昨年の総会と同様に反対多数で否決。次男で現副会長の昭夫氏(62)が引き続き経営を担う体制が承認された。

 総会後、宏之氏は報道陣に「創業者の意に反し取締役を退任させたことに(経営側から)説明はなく、信義に反する行為だ」と非難した。

 武雄氏は持ち株会社化前のロッテ時代から取締役を約70年務めていた。名誉会長の肩書は継続する。だが、現経営陣と対立していた武雄氏が取締役を退いたことで、昭夫氏と佃孝之社長(73)を中心とした経営体制が鮮明になる。

 ただ、昭夫氏は韓国の前大統領、朴槿恵被告への贈賄罪で韓国検察から在宅起訴されている。裁判の行方次第では、日本の経営にも影響は避けられない。

「ニュース」のランキング