産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


日欧EPA、山本有二農水相の訪欧見送り

山本有二農水相 山本有二農水相

 日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉で、山本有二農林水産相が来週の欧州訪問を見送ったことが23日、分かった。日欧の首席交渉官が東京都内で本格的な協議を続けている中、山本氏が現地でホーガン欧州委員(農業・農村開発担当)と会談すれば、焦点である日本の農産物市場の開放をめぐり言質を取られかねないと懸念が強まっていた。

 EPA交渉ではチーズの関税撤廃など農産物の市場開放をEU側が強く求め、日本と対立している。山本氏は難航分野の打開を探り7月の大枠合意に向けた環境を整える考えだった。

 ただ、訪欧が明らかになった後、自民党内では東京都内で進める交渉と行き違いが生じる恐れから批判が上がった。22日の対策本部の会合では「トップが行ってノーといえない状況を作られたらどうするのか」など、交渉への悪影響を懸念する声が出ていた。

 岸田文雄外相は21日、マルムストローム欧州委員(通商担当)との電話会談で早期の大枠合意を目指すことで一致した。

 来週も電話などを通じて連絡を取り合い「政治的指導力を発揮する」と説明しており、交渉は両氏を中心に進むことになりそうだ。

「ニュース」のランキング