産経ニュース

JA全中会長、農産品保護の要請書提出 日欧EPAで 山本農水相「国内農業の永続性を考え交渉に」

ニュース 経済

記事詳細

更新


JA全中会長、農産品保護の要請書提出 日欧EPAで 山本農水相「国内農業の永続性を考え交渉に」

山本農相(右)に要望書を手渡すJA全中の奥野長衛会長=22日午前、東京・霞が関 山本農相(右)に要望書を手渡すJA全中の奥野長衛会長=22日午前、東京・霞が関

 日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)交渉で、全国農業協同組合中央会(JA全中)の奥野長衛会長は22日、山本有二農林水産相と会談し、豚肉や乳製品など重要な農産品を保護するよう求める要望書を提出した。山本氏は「国内の農業の永続性、再生産を考えながら交渉に臨む」と述べた。

 要望書では「農業者の間では大きな戸惑いと不安が広がっている」と指摘。輸出拡大への支援政策や交渉状況の情報開示も求めた。

 日欧EPA交渉は、日欧の首席交渉官が19日から東京都内で本格的な協議を進めている。

「ニュース」のランキング