産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


1~3月期GDP改定値 年率1・0%増に下方修正

 内閣府が8日発表した平成29年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動を除く実質で前期比0・3%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で1・0%増だった。5月に発表された速報値の前期比0・5%増、年率2・2%増から下方修正された。プラス成長は5四半期連続となる。

 自動車販売の減速などで個人消費が下方修正されたほか、石油元売り大手による原油精製能力の削減などがGDP項目の在庫を押し下げた影響が大きかった。一方、企業の設備投資は1~3月期の法人企業統計を反映して上方修正されており、内閣府は「景気の緩やかな回復基調に変わりはない」としている。

 需要項目別では、個人消費が速報値の0・4%増から0・3%増へとわずかに下方修正された。スマートフォンや衣服が好調だったが、自動車や宿泊施設サービスの減速感が強まった。

 設備投資は、0・2%増から0・6%増へと大幅に上方修正した。速報値後に発表された法人企業統計でサービス業や建設業が堅調だったことを踏まえた。在庫は、速報値では成長率全体を0・1ポイント押し上げたものの、改定値では0・1ポイントの押し下げ要因となった。

続きを読む

「ニュース」のランキング