産経ニュース

出光創業家、社長らの選任議案に反対方針 29日に株主総会 「(合併)株主の利益を無視」

ニュース 経済

記事詳細

更新


出光創業家、社長らの選任議案に反対方針 29日に株主総会 「(合併)株主の利益を無視」

記者会見する出光興産創業家の代理人の鶴間洋平弁護士=5日、東京都千代田区大手町のJAビル(会田聡撮影) 記者会見する出光興産創業家の代理人の鶴間洋平弁護士=5日、東京都千代田区大手町のJAビル(会田聡撮影)

 石油元売り2位の出光興産の創業家代理人は5日、29日に開かれる株主総会で月岡隆社長ら5人の取締役選任議案に反対する方針を表明した。創業家が反対している昭和シェル石油との合併を進めていることなどが理由。他の株主にも書面を送付し、賛同を呼びかける。

 反対するのは月岡氏のほか、関大輔副社長、丹生谷晋取締役、本間潔執行役員、社外取締役候補の橘川武郎氏。創業家側は昭和シェルの海外展開の後れなどを指摘し、「(合併は)株主の利益を無視」していると主張。合併以外にもベトナムの製油所プロジェクトの遅れなどを挙げ、「経営判断の誤り」があると批判した。

 創業家の反対で、出光と昭和シェルは今年4月に予定していた合併を延期したが、業務提携を強化して効果をアピールする方針。創業家代理人を務める鶴間洋平弁護士は「経営統合を前提としないアライアンス(提携)ならば、進めるべきものは進めるべきだ」と述べる一方で、「(効果によって)創業家の立場は変わらないだろう」とした。

 ただ、創業家側から月岡氏らに代わる経営陣を提案する意向は否定。昭和シェル以外を含めた合併についても、「こういう形がいいと積極的に申し上げようとは思わない」と話した。

続きを読む

「ニュース」のランキング