産経ニュース

日銀 総資産初の500兆円突破 国債買い入れが影響 GDPに匹敵

ニュース 経済

記事詳細

更新


日銀 総資産初の500兆円突破 国債買い入れが影響 GDPに匹敵

日本銀行本店 日本銀行本店

 日銀は2日、総資産が5月末時点で500兆8008億円となり、500兆円を初めて突破したと発表した。大規模な金融緩和で大量の国債を買い続けているためで、平成28年の日本の名目国内総生産(GDP)536兆円とほぼ同規模となった。

 総資産のうち国債保有額は427兆2495億円。内訳は長期国債が390兆1912億円で、国庫短期証券は37兆583億円だった。

 黒田東彦総裁が25年4月に大規模緩和を開始して以降、資産は急速に拡大した。緩和前の24年末は158兆円だったが、26年末に300兆円を突破し、28年末には476兆円まで膨らんでいた。

 日銀は現状の緩和策を粘り強く続ける方針を示しており、資産は今後も増える見通し。金融市場では大規模緩和を終わらせる出口戦略がより困難になると懸念する声も上がる。

「ニュース」のランキング