産経ニュース

りそなHD、傘下3行キャッシュカードに電子決済機能を標準で付与

ニュース 経済

記事詳細

更新


りそなHD、傘下3行キャッシュカードに電子決済機能を標準で付与

 りそなホールディングス(HD)の東和浩社長は24日までに産経新聞のインタビューに応じ、グループ傘下の銀行が発行するキャッシュカードに電子マネーのように利用できる機能を標準的に付与する方針を明らかにした。即時に決済できる電子マネーの分野は成長が見込めるほか、買い物を介して顧客との接点を増やし、新たなビジネスにもつなげるのが狙い。

 りそなHD傘下の銀行が付与するのは、カード大手のビザと提携して発行する「ビザデビットカード」。ビザが発行するクレジットカードを利用できる店舗で幅広く使える。

 デビットカードは預金を基本にしておりチャージが必要ないことから、HD傘下の銀行でも決済が増加している。銀行にとっては決済のたびに店側から手数料が得られるメリットがある。東社長は「規模を拡大することで大きな収益にしたい」と語る。

 10月からは500円の年間手数料を無料とし、来年1月からは全店舗で即時発行できるようにする。

「ニュース」のランキング