産経ニュース

ソニーが有機ELテレビ市場に再参入 7年ぶり、4K映像に対応

ニュース 経済

記事詳細

更新


ソニーが有機ELテレビ市場に再参入 7年ぶり、4K映像に対応

壁に立てかけられた絵画のようにたたずむ画面。余計な要素のない「一枚のテレビ」を実現したという=8日、東京都中央区(伴龍二撮影) 壁に立てかけられた絵画のようにたたずむ画面。余計な要素のない「一枚のテレビ」を実現したという=8日、東京都中央区(伴龍二撮影)

 ソニーは8日、次世代パネル「有機EL」を採用し、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ4K映像に対応したテレビ「A1シリーズ」を6月10日に発売すると発表した。ソニーの有機ELテレビ事業参入は7年ぶりとなる。日本の有機ELテレビ市場では、これまで独走してきた韓国LGエレクトロニクスに国内勢が対抗し、東芝が先陣を切って今年3月に4K対応の製品を投入。パナソニックも年内の発売を予定している。日韓メーカーの競争激化で市場が拡大するか注目される。

 A1シリーズは55型(税別想定価格、50万円前後)と65型(同80万円前後)の2種類。独自の画像処理技術を採用し、現実世界により近い黒や明るさの表現が可能になった。また、パネルの裏に振動装置を搭載し、画面から直接音が出ることで高い臨場感を味わえる。77型も今年秋以降に発売する予定だ。

 ソニーは平成19年に世界で初めて有機ELテレビを発売したが、22年に生産を終了していた。

 高木一郎執行役は「大型の有機ELテレビは、テレビ市場を広げる役割を担う」と説明。「スポーツや映画に適した色合いを実現できる」とし、普及に期待を寄せた。

 このほか、4K液晶テレビの43~65型の新製品(同17万円前後~55万円前後)も6月10日から順次発売する。

このニュースの写真

  • ソニーが有機ELテレビ市場に再参入 7年ぶり、4K映像に対応
  • ソニーが有機ELテレビ市場に再参入 7年ぶり、4K映像に対応
  • ソニーが有機ELテレビ市場に再参入 7年ぶり、4K映像に対応
  • ソニーが有機ELテレビ市場に再参入 7年ぶり、4K映像に対応
  • ソニーが有機ELテレビ市場に再参入 7年ぶり、4K映像に対応
  • ソニーが有機ELテレビ市場に再参入 7年ぶり、4K映像に対応

「ニュース」のランキング