産経ニュース

【経済インサイド】空飛ぶティンカーベルの映像も!? ドローン活用が新展開(動画あり)

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
空飛ぶティンカーベルの映像も!? ドローン活用が新展開(動画あり)

地球儀の映像を映しながら浮遊する、ドローンディスプレイ=19日、東京都足立区 地球儀の映像を映しながら浮遊する、ドローンディスプレイ=19日、東京都足立区

 携帯大手各社による小型無人機「ドローン」の活用が新展開を見せ始めた。これまでは、モノの運搬や、搭載したカメラを使った点検などが主な活用法だったが、NTTドコモやソフトバンクは、映像を表示させながら浮遊するディスプレーとしての活用を実用化させる。世界初の「ドローンディスプレイ」を開発したNTTドコモの担当者は「自分の分身を映したドローンが飛んでいってコミュニケーションするサービスなど、新しいビジネスにつながる」と話している。

 ドコモのドローンディスプレイは、ドローンの周囲に配置した半円状の8本のLED(発光ダイオード)の枠を高速で回転させることで、LEDの残像による地球などの球状の映像を表示させる仕組み。ドローンを飛ばせば、空中に映像を表示させることもできる。

 LEDの枠は、ドローンの4つの羽根を回転させるのとは別のモーターを使って回転させているが、LEDの枠を回転させると飛行するドローンのバランスが崩れるため、2つの羽根も別に備えている。

 開発を担当したドコモ先端技術研究所の山田渉氏によれば、コンサートなどのイベント会場での案内表示板としての使用や、浮遊する球状の看板としての商用化が来年中にも可能だという。

 将来的には、東京ディズニーランドのパレードで、ディズニーの妖精で空を飛ぶキャラクター「ティンカー・ベル」の映像を映しながら飛ばすことも考えられるという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 空飛ぶティンカーベルの映像も!? ドローン活用が新展開(動画あり)
  • 空飛ぶティンカーベルの映像も!? ドローン活用が新展開(動画あり)
  • 空飛ぶティンカーベルの映像も!? ドローン活用が新展開(動画あり)

「ニュース」のランキング