産経ニュース

証券大手5社29年3月期決算 3社が減収、2社が最終減益

ニュース 経済

記事詳細

更新


証券大手5社29年3月期決算 3社が減収、2社が最終減益

 証券大手5社の平成29年3月期連結決算が28日、出そろった。昨年11月の米大統領選後の世界的な株価上昇で取引が活発化したことなどが追い風となり、4社が最終増益を確保した。

 同日、発表した大和証券グループ本社は、法人部門は好調だったが、個人営業部門の苦戦が響き、減収減益となった。一方、野村ホールディングスは、最終利益が11年ぶりの高水準となり、課題だった海外事業は7年ぶりに黒字化した。

 SMBC日興証券は、英バークレイズとの合弁事業の見直しに伴う清算金などを特別損失として計上したが、2桁の最終増益。みずほ証券は、グループ再編に伴う株式売却益の計上などで大幅な最終増益だった。

 個人投資家の動向については「株価下落局面では買いに来る動きもあり、投資意欲は強い」(SMBC日興の堤也夫樹執行役員)といった声が聞かれた。

「ニュース」のランキング