産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


29年3月期 JR本州3社は最高益…西日本は減収

 JR本州3社の平成29年3月期連結決算が28日、出そろった。3社とも最終利益は過去最高を更新した。売上高はJR東日本とJR東海が過去最高だったが、JR西日本は減収だった。

 JR東日本の売上高は前期比0・5%増の2兆8808億円、最終利益は13・3%増の2779億円だった。北海道新幹線の開業で運輸収入が増加。社宅の土地売却で増益につながった。東海道新幹線の利用がビジネス、観光とも堅調だったJR東海は、売上高が1・1%増の1兆7569億円、最終利益は16・4%増の3929億円だった。

 JR西日本は売上高が0・7%減の1兆4414億円、最終利益は6・3%増の912億円。北陸新幹線の延伸効果が一巡し運輸収入が減った。

 30年3月期は、東日本と西日本がいずれも増収増益、東海は増収減益を見込んでいる。

「ニュース」のランキング