産経ニュース

監査法人の監督で各国が情報交換 国際機関が東京で総会

ニュース 経済

記事詳細

更新


監査法人の監督で各国が情報交換 国際機関が東京で総会

 欧米やアジアなどの監査監督当局が加盟する「監査監督機関国際フォーラム(IFIAR)」は5日、東京都内で総会を開き、日本や米国、カナダなど22カ国・地域の当局が情報交換を行う覚書に調印した。効果的な規制につなげ、グローバルな監査の質の向上を目指す。

 今回の新たな枠組みで、各国の当局間で調査や執行などの情報を交換できるようになる。

 東京都内で記者会見したIFIARのジャニー・ヴァン・ディゲレン議長は「機密性の高い情報が共有でき、監査法人に対する効果的で効率的な規制が可能になる」と強調した。

 IFIARは2006年に当局間の協力・連携の場として発足。現在は52カ国・地域の当局が加盟し、日本からは金融庁と公認会計士・監査審査会が参加している。今年4月に東京・大手町に常設事務局を開設した。

「ニュース」のランキング