産経ニュース

全日空社長に平子氏 4月1日付、親会社のANAHD取締役

ニュース 経済

記事詳細

更新


全日空社長に平子氏 4月1日付、親会社のANAHD取締役

全日本空輸の次期社長に就任する平子裕志取締役執行役員=16日午後、東京都港区(山沢義徳撮影) 全日本空輸の次期社長に就任する平子裕志取締役執行役員=16日午後、東京都港区(山沢義徳撮影)

 全日本空輸は16日、ANAホールディングス(HD)の平子裕志取締役執行役員(59)を4月1日付で全日空社長に起用する人事を発表した。トップ就任から間もなく丸4年を迎える全日空の篠辺修社長(64)は、ANAHDの取締役副会長に就任する。経営トップの若返りを図る。

 平子氏は、営業推進本部や企画室、ニューヨーク支店など幅広い部門に携わってきた。経験を生かし、今後も成長が期待できる海外路線網の収益力強化に努める。

 篠辺氏は、国際線の旅客数で日本航空から国内首位の座を奪取し成長の基盤を築いた。

【プロフィル】平子裕志氏

 ひらこ・ゆうじ 東大卒。81年全日本空輸(現ANAホールディングス)。企画室企画部長などを経て15年6月から取締役執行役員。

「ニュース」のランキング