産経ニュース

サッポロビール「黒ラベル」の缶ビール販売を5年で倍増へ 「家飲み」が増加

ニュース 経済

記事詳細

更新


サッポロビール「黒ラベル」の缶ビール販売を5年で倍増へ 「家飲み」が増加

 ビール、発泡酒、第3のビールの酒税は38年までに3段階で350ミリリットル缶あたり54・25円に一本化され、ビールは現在の77円から減税となる。ビールの販売比率が比較的高いサッポロビールには追い風だ。

 アサヒビールもビールに強く、減税による売り上げ増に期待をかける。今年はスーパードライの発売30周年限定商品を相次いで投入。「家庭用缶ビールは前年比で約1%増の販売を見込む」(幹部)

 ただ、28年のビール課税出荷数量は2年ぶりのマイナスで特に業務用が伸び悩んだ。こうした消費者の節約志向を踏まえ、他社も家庭用缶ビールを強化。キリンビールは地域ごとに味わいが違う「47都道府県の一番搾り」を昨年に引き続き4月から順次発売。サントリービールも高級ビール「ザ・プレミアム・モルツ」を5年ぶりに刷新する。ビール各社の顧客争奪戦が激化しそうだ。

「ニュース」のランキング