産経ニュース

サッポロビール「黒ラベル」の缶ビール販売を5年で倍増へ 「家飲み」が増加

ニュース 経済

記事詳細

更新


サッポロビール「黒ラベル」の缶ビール販売を5年で倍増へ 「家飲み」が増加

 サッポロビールが主力ブランド「黒ラベル」の缶ビール販売を今後5年間で現在の2倍の年間1200万ケース程度(1ケースは大瓶20本換算)に引き上げる計画を固めたことが4日、分かった。消費者の節約志向で「家飲み」が増える中、スーパーなどへの営業を強化する。また、酒税が段階的に一本化されることを受け、税率の下がるビールに力を入れる狙いもある。

 黒ラベルは飲食店向けの業務用の販売比率が約65%と高く、家庭用は約35%にとどまる。一方、シェア首位のアサヒビール「スーパードライ」は業務用が約30%に対し、家庭用は約70%に達する。家庭用では黒ラベルのブランド力は弱く、棚を確保できていないスーパーも多い。

 缶ビールは、業務用のように瓶やたるを回収する必要がなく、利益率が高い。こうした背景もあり、サッポロは家庭用の販売比率を引き上げることにした。

 同社は平成27年から東京と大阪で黒ラベルのビアガーデンを開設。さらに、体験イベントを全国で催すなどブランド力を強化している。これらの取り組みが功を奏し、同年のビール販売は21年ぶりに前年実績を上回り、28年も前年比でプラスとなった。

 特に地盤が弱かった西日本や首都圏のスーパーにも販路を広げつつある。今後は地域ごとのマーケティング活動を細分化し、黒ラベルがまだ浸透していない地域への売り込みを強化する。

続きを読む

「ニュース」のランキング