産経ニュース

太陽生命、ミャンマーでシステム合弁会社設立へ 保険契約を管理

ニュース 経済

記事詳細

更新


太陽生命、ミャンマーでシステム合弁会社設立へ 保険契約を管理

 太陽生命保険は31日、ミャンマーの大手IT企業エース・プラス・ソリューションズと合弁で、保険契約管理システム会社を2月上旬にも設立する計画を明らかにした。保険関連システム専門の企業は同国初。新会社の資本金は約1億円。太陽生命は49%を出資し、持分法適用会社として連結対象に入れる。4月1日の営業開始を予定している。

 同国では、保険契約のシステム化が遅れており、ほとんどは紙の資料で管理しているため、営業活動や保険料の支払いに手間がかかっている。新会社は現地の保険会社に高度なシステムを提供し、同国の保険契約管理システムの標準化を目指す。既に現地12社のうち5社程度が関心を示しているという。

 太陽生命は2015年から、医療保険の契約をパソコンで管理できるソフトを同国の保険会社に無償提供している。

「ニュース」のランキング