産経ニュース

ラーメンの幸楽苑、「指入り事故」で4~12月期の営業益が半減 通期は初の赤字転落を予想

ニュース 経済

記事詳細

更新


ラーメンの幸楽苑、「指入り事故」で4~12月期の営業益が半減 通期は初の赤字転落を予想

 ラーメンチェーン店「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングスは27日、2016年4~12月期連結決算を発表した。本業のもうけを示す営業利益は前年同期比43・0%減の3億円だった。16年9月に静岡市の店舗で提供したラーメンに従業員の指の一部が混入した問題を受け、再発防止対策の費用がかさんだ。

 売上高は1・4%減の284億円。最終利益は18・9%減の2億円だった。通期(17年3月期)の業績予想は、3億円の最終赤字になると見込んでいる。02年の上場以来、初の赤字になるという。

「ニュース」のランキング