産経ニュース

【経済インサイド】ソフトバンクの孫正義氏にメンツつぶされた経団連 プーチン大統領との立ち話が物議に

ニュース 経済

記事詳細

更新

【経済インサイド】
ソフトバンクの孫正義氏にメンツつぶされた経団連 プーチン大統領との立ち話が物議に

ソフトバンクグループの孫正義社長 ソフトバンクグループの孫正義社長

 昨年12月、ロシアのプーチン大統領来日の際の、ある経営者の動きが経済界で物議を醸している。ソフトバンクグループの孫正義社長だ。東京都内で開催された会合で、プーチン大統領と親しげに肩を抱き合いながら立ち話していたことだ。就任前のトランプ大統領とも会談したばかりのタイミングで、わずか10日の間に、米露の両トップと対話したことになる。この成果を評価する声があるのと同時に、会合の主催サイドからは、抜け駆け的な行動に批判の声も出ている。

 問題となったのは昨年12月16日、東京都千代田区の経団連会館で開かれた財界人らによる会合「日露ビジネス対話」でのことだ。プーチン大統領が出席することから、会場には金属探知機を通ってからでないと入室できないような厳しいセキュリティーがかけられ、物々しい様子だった。

 プーチン大統領、安倍晋三首相の会場到着で、会合が始まる予定で、当初告知されていた予定時間の直前に、会場に孫社長が着いた。

 ソフトバンクグループは経団連に加盟している企業であるため、孫社長が登場してもおかしくないが、ここ数年は、経団連の活動に対して、参加することはなく、経団連会館での孫社長登場に違和感を覚える報道陣も多かった。

 その中で、会合が始まる直前に、孫社長が会場を後にした。この様子を見ていた報道陣も「会合の開始がかなり遅れているので、他のスケジュールもあり、帰ったのでは」とみていたが、とんでもないことになっていた。

続きを読む

このニュースの写真

  • ソフトバンクの孫正義氏にメンツつぶされた経団連 プーチン大統領との立ち話が物議に
  • ソフトバンクの孫正義氏にメンツつぶされた経団連 プーチン大統領との立ち話が物議に
  • ソフトバンクの孫正義氏にメンツつぶされた経団連 プーチン大統領との立ち話が物議に

「ニュース」のランキング