産経ニュース

ソフトバンク、育児支援に本格参入 スマホで子供の居場所検索できる新サービス

ニュース 経済

記事詳細

更新


ソフトバンク、育児支援に本格参入 スマホで子供の居場所検索できる新サービス

ソフトバンクグループが提供する、保護者と保育士らの連絡などができるアプリ ソフトバンクグループが提供する、保護者と保育士らの連絡などができるアプリ

 ソフトバンクグループは情報通信技術(ICT)を活用した幼稚園や保育園の育児支援事業に本格参入する。園で撮影した写真や体操着などの購入や帰宅中の園児の居場所検索などのサービスをスマートフォン向けに提供する。幼保業界ではICT活用が遅れており、大半の園では行事の際に撮影した写真の購入などは長年、現金で行われており、保育者の負担になっていたが、スマホアプリの活用で保護者の利便性向上や保育者の負担軽減を図る。

 ソフトバンクのグループ会社の「hugmo(ハグモー)」が11月から提供している、プリントした写真の電子決済や、保育者と保護者がメッセージをやり取りできるスマホ用アプリの機能を拡充することで新サービスを提供する。同社の湯浅重数社長は「クラウドとアプリを組み合わせて、さまざまなデータや機能を追加する」と話している。

 新たに機能拡充する子供の居場所検索「hugsafety(ハグセーフティー)」は、子供に小型の無線通信機器「ビーコン」を持たせたり、保育者が持っているスマホの衛星利用測位システム(GPS)を使うことで、保護者がアプリを使って子供がどこにいるかを把握できる仕組みだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング