産経ニュース

【よみがえれ JR北海道(上)】現行総延長の半分近い10路線が維持困難…「残したかったが通勤1人」

ニュース 経済

記事詳細

更新

【よみがえれ JR北海道(上)】
現行総延長の半分近い10路線が維持困難…「残したかったが通勤1人」

釧路湿原を走るJR釧網本線。明け方の気温はマイナス20°ほど、周辺の草木は白く凍りつき霧氷に覆われていた。釧網本線はJR北海道が「当社単独では維持することが困難な線区」としてあげている=18日午前、北海道標茶町(三尾郁恵撮影) 釧路湿原を走るJR釧網本線。明け方の気温はマイナス20°ほど、周辺の草木は白く凍りつき霧氷に覆われていた。釧網本線はJR北海道が「当社単独では維持することが困難な線区」としてあげている=18日午前、北海道標茶町(三尾郁恵撮影)

 松田昌士氏略歴 松田昌士氏(まつだ・まさたけ) 昭和11年1月9日生まれ。北海道大学大学院修了。36年に国鉄入り。経営計画室審議役、再建実施推進本部事務局長などを務め、国鉄分割・民営化を推進。62年4月JR東日本に入り、常務、副社長を経て、平成5年社長に就任。12年に会長、18年に相談役、23年4月から顧問。ほかに公益社団法人日本ユネスコ協会連盟会長、一般社団法人日本の伝統を守る会会長、公益財団法人日本野球連盟名誉会長。北海道出身。

このニュースの写真

  • 現行総延長の半分近い10路線が維持困難…「残したかったが通勤1人」
  • 現行総延長の半分近い10路線が維持困難…「残したかったが通勤1人」
  • 現行総延長の半分近い10路線が維持困難…「残したかったが通勤1人」

関連ニュース

「ニュース」のランキング