産経ニュース

【電通会見詳報(2)】石井直社長が辞任表明「経営者として全責任を取る」… 3月の総会で株主に説明責任果たす

ニュース 経済

記事詳細

更新

【電通会見詳報(2)】
石井直社長が辞任表明「経営者として全責任を取る」… 3月の総会で株主に説明責任果たす

労働基準法違反容疑による書類送検と再発防止について会見する電通の(左から)越智信喜人事局長、石井直代表取締役社長執行役員 、中本●(=示へんに羊)一取締役副社長執行役員 =28日午後、東京都中央区(菊本和人撮影) 労働基準法違反容疑による書類送検と再発防止について会見する電通の(左から)越智信喜人事局長、石井直代表取締役社長執行役員 、中本●(=示へんに羊)一取締役副社長執行役員 =28日午後、東京都中央区(菊本和人撮影)

 中本祥一副社長が「今後の労働環境改革」などについて説明した後、石井直社長が再び起立し、社長を引責辞任することを表明した。

 石井社長は眉間にしわを寄せながら「当局から幾度かご指摘を頂いたにもかかわらず、過重労働の抜本的改善につながっていなかった。経営者として全責任を取り、来年1月の取締役会を経て社長を辞任する。株主への説明責任を踏まえ、3月の株主総会までは全うしたい」と説明した。

■中本副社長、パワハラ「否定できない」

 高橋まつりさんの自殺に関し、中本祥一副社長は以下のように説明した。

 内部調査に加え、外部専門家の視点から事実関係を検証するべく、法律事務所による調査も行った。

 その結果「高橋さんは試用期間が終わった2015年10月から業務量が急激に増大し、12月にかけて長時間労働の状態にあった」「仕事への責任感や人間関係などが強い心理的ストレスとなり、自殺の原因となった可能性は否定できない」との報告を受けた。

 当社は、高橋さんが新入社員だった点を考慮すれば、「パワハラ」との指摘も否定できない、行き過ぎた指導がなされていたことを認識している。新入社員である彼女に対し、心情や不安を思いやる想像力や十分なサポートが足りなかったと、深く反省している。

 なお、法律事務所からは「一部に『行きすぎた指導』『適切とはいえない言動』が見受けられたが、不法行為に該当する行為は認められなかった」との報告を受けている。

このニュースの写真

  • 石井直社長が辞任表明「経営者として全責任を取る」… 3月の総会で株主に説明責任果たす
  • 石井直社長が辞任表明「経営者として全責任を取る」… 3月の総会で株主に説明責任果たす
  • 石井直社長が辞任表明「経営者として全責任を取る」… 3月の総会で株主に説明責任果たす

関連ニュース

「ニュース」のランキング