産経ニュース

レギュラーガソリン、130円台に値上がり 1年1カ月ぶり高値

ニュース 経済

記事詳細

更新


レギュラーガソリン、130円台に値上がり 1年1カ月ぶり高値

 経済産業省資源エネルギー庁が28日公表した26日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、19日の前回調査より1円ちょうど高い130円30銭となり値上がりは4週連続となった。今年最高値を更新したのは3週連続。130円台まで値上がりしたのは2015年11月24日の調査以来1年1カ月ぶりとなる。

 石油輸出国機構(OPEC)総会での減産合意による原油価格の上昇や円安の進行で、原油の調達費が上昇した。調査した石油情報センターは「原油価格の上昇は一服傾向だが、小売価格への転嫁はこれからで、来年1月10日調査でも値上がりとなる」と見込んでいる。

 地域別では44都道府県で値上がりした。上げ幅は高知の3円80銭が最も大きい。値下がりは福岡のみで30銭下落。

 ハイオクは前回調査より1円ちょうど高い141円10銭、軽油も1円ちょうど値上がりして109円50銭だった。

「ニュース」のランキング