産経ニュース

ニュース 経済

記事詳細

更新


長期金利、一時1月以来の高水準0.1%

FRBのイエレン議長=14日、ワシントン(ロイター) FRBのイエレン議長=14日、ワシントン(ロイター)

 16日の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(345回債、表面利率0・1%)の利回りが一時、0・100%をつけた。日銀がマイナス金利政策の導入を決定した1月29日以来、約10カ月半ぶりの高水準。終値は前日から横ばいの0・075%だった。

 米国の利上げペースが加速するとの見方から米長期金利が上昇し、日本市場にも波及。円安が進み、東京株が上昇したこともあって、安全資産の国債は売られ、朝方から利回りが上がった。金利上昇が続けば日銀が国債買い入れで抑制するとの警戒感から、午後にかけては買い戻された。

 大阪取引所10年国債先物の中心限月である来年3月きりは15銭安の149円57銭。

「ニュース」のランキング