産経ニュース

ネット入手のED薬は4割が偽造品 ファイザーなど製薬4社が合同調査

ニュース 経済

記事詳細

更新


ネット入手のED薬は4割が偽造品 ファイザーなど製薬4社が合同調査

 ファイザー、バイエル薬品、日本新薬、日本イーライリリーの勃起障害(ED)治療薬の製造販売4社は24日、インターネット入手のED治療薬の鑑定調査を行い、4割が偽造品だったと発表した。平成21年に続いての2回目の調査で、前回の55%が偽装品という結果よりは減少したものの、依然偽造品が多く流通していることがわかった。

 今回の調査は日本とタイの調査会社を使って、日本語で運営されている個人輸入代行サイトを対象に、発注、入手したものを鑑定した。国内では35・6%、タイでは48%が偽造だった。現在、国内で承認されているED治療薬はファイザーの「バイアグラ」やバイエルの「レビトラ」など3種の先発品と後発医療薬がある。偽造品は先発品に外見を似せているものが多く、ネット上では「本物である」「海外製の後発品」と偽るケースが多いという。

「ニュース」のランキング