産経ニュース

「日本版ブラックフライデー」開催、イオンや日本トイザらスが消費喚起を狙う

ニュース 経済

記事詳細

更新


「日本版ブラックフライデー」開催、イオンや日本トイザらスが消費喚起を狙う

 米国最大の商戦である「ブラックフライデー」が国内にも広がってきた。米国では11月の感謝祭翌日の第4金曜日から週末にかけて、クリスマス向けの激安セールが開催され、小売り各社が黒字となることからブラックフライデーと呼ばれている。国内でもイオンや玩具小売りの日本トイザらスなどが消費喚起を狙って「日本版ブラックフライデー」を開催し、名物企画に育てようとしている。

 イオンモールは21日、全国140のショッピングモールで25~27日に初めて開催する「イオンモールブラックフライデー商品お披露目会」を行った。

 ブラックの黒にちなんだ「96(クロ)」のつく価格の目玉商品を用意。「ブランドショップハピネス」では米コーチのバッグを通常の5割引きの9600円(税込み)で発売する。「はなまるうどん」では小うどんが96円(同)で食べられる。

 同社がブラックフライデーのセールを開催するのは初めての取り組みだが、営業本部マーケティング部の谷口良文部長は「11月の第4金曜日はクリスマス商戦前のセール日としてタイミングがよく開催を決めた」という。谷口氏は「これから毎年続けて、ハロウィーンのような名物企画にしたい」と意気込む。

 一方、日本トイザらスは25~27日に全国163店舗で今年で3回目となるセールを開催する。昨年の約1・5倍の150商品を取り扱い、その大半を50%以上割り引くという。

「ニュース」のランキング