産経ニュース

NY株、小幅高も3日連続最高値 1万8800ドル台 米国債の利回り上昇

ニュース 経済

記事詳細

更新


NY株、小幅高も3日連続最高値 1万8800ドル台 米国債の利回り上昇

 週明け14日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、終値が前週末比21・03ドル高の1万8868・69ドルと3営業日連続で過去最高値を更新した。大統領選に勝利したトランプ氏の経済政策への期待が続き、6営業日続伸となった。

 当面の利益を確定する売りに押されてマイナス圏に沈む場面もあり、上昇の勢いはやや弱った。ナスダック総合指数は18・71ポイント安の5218・40と反落した。

 トランプ氏の政策は景気にプラスだとして、収益改善期待からJPモルガン・チェースなど金融株が引き続き買われ、相場を支えた。公共事業の拡大が見込まれることから、建設機械キャタピラーへの買いも続いた。

 債券市場ではトランプ氏の政策でインフレが進むとの見方から米国債の売りが加速し、利回りが上昇。米長期金利の指標となる10年債利回りは早朝の取引で一時2・30%まで上がり、約10カ月半ぶりの高水準となった。(共同)

「ニュース」のランキング