産経ニュース

【リーダーの素顔】イチローを支えたトレーニング法を考案 「初動負荷理論」で世界の注目を集めるワールドウィングエンタープライズ代表の小山裕史さん

ニュース 経済

記事詳細

更新

【リーダーの素顔】
イチローを支えたトレーニング法を考案 「初動負荷理論」で世界の注目を集めるワールドウィングエンタープライズ代表の小山裕史さん

今後の夢を熱く語るワールドウィングエンタープライズの小山裕史代表  今後の夢を熱く語るワールドウィングエンタープライズの小山裕史代表 

 大リーグ通算3000安打を達成したイチロー選手をはじめ多くのトップアスリートを、「初動負荷理論」に基づいたトレーニングで支えてきた。トレーニング機器やシューズも開発し、アスリートだけでなく障害者や高齢者、子供と幅広い人たちの動作を改善。その高い成果に世界が注目する。2020年東京五輪に備える選手たちにとっても心強い存在だ。

 --初動負荷理論とは

 「身体は重力や自重などで常に緊張にさらされ、特に動作初期にかかる負荷による筋肉の緊張が厄介です。動作の固さ、故障の要因となる。動作初期にかかる負荷を転用して筋肉を緩め、伸び縮みさせれば、筋肉の柔軟性が増し、神経と筋肉、脳の機能が向上するという発見に基づくものです」

 --トレーニング方法は

 「一般的トレーニングでは、負荷により動作の最初から最後まで筋肉は緊張する傾向があり、筋肉の適切な伸縮を阻害します。これを防ぐため、動作初期に与えた負荷をゼロ化して筋肉を緩めたときに、再び負荷を与えるように開発したマシンを使い、筋肉の緩み、緊張のない伸縮を反復します」

続きを読む

このニュースの写真

  • イチローを支えたトレーニング法を考案 「初動負荷理論」で世界の注目を集めるワールドウィングエンタープライズ代表の小山裕史さん

「ニュース」のランキング