産経ニュース

量重視の「リフレ派」日銀・原田泰審議委員が敗北宣言? 「総合的判断」で金利重視に賛成 

ニュース 経済

記事詳細

更新


量重視の「リフレ派」日銀・原田泰審議委員が敗北宣言? 「総合的判断」で金利重視に賛成 

記者会見する日銀の原田泰審議委員=12日午後、長野県松本市 記者会見する日銀の原田泰審議委員=12日午後、長野県松本市

 日銀の原田泰審議委員は12日、長野県松本市で記者会見し、日銀が9月に金融政策の枠組みを「量」から「金利」へ変更したことについて、「(国債購入などの)緩和の限界論を否定する強いコミットメント(約束)。総合的に判断した」と賛成した理由を説明した。

 日銀の9人の政策委員の中で、市場への資金供給量を重視する「リフレ派」の原田氏は本来、反対の立場のはずだが、賛成に回った。このため、市場からはリフレ派の“敗北宣言”との見方も出ている。

 「2%の物価上昇目標を目指すのがリフレ派だ」

 原田氏は、記者会見でこう釈明した。

 しかし、原田氏のこれまでの主張は、市中に出回るお金の量が増えれば物価上昇期待も高まり、デフレ脱却につながるというものだった。

 日銀は9月の政策変更時、「当面は現状の国債購入ペースの年80兆円をめどとする」と現行の買い入れ方針を維持した。さらに、将来的に量を拡大する可能性にも言及したため、原田氏らリフレ派も賛成しやすかった。

 実際、黒田東彦総裁は12日の国会で「年間80兆円の国債買い入れの方向は続く」と述べるなど、リフレ派への配慮をにじませた。

 しかし、「今後1~2年で日銀の国債購入は限界を迎える」(エコノミスト)と指摘される中、黒田総裁も国債の買い入れ量を減らす可能性を認める。

続きを読む

「ニュース」のランキング