産経ニュース

平成28年度第2次補正予算が成立、3.2兆円規模 焦点はTPPに

ニュース 経済

記事詳細

更新


平成28年度第2次補正予算が成立、3.2兆円規模 焦点はTPPに

衆院本会議で、平成28年度第2次補正予算案が与党など賛成多数で可決され、一礼する安倍晋三首相(右)ら閣僚=4日午後、国会(斎藤良雄撮影) 衆院本会議で、平成28年度第2次補正予算案が与党など賛成多数で可決され、一礼する安倍晋三首相(右)ら閣僚=4日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 事業費28兆1000億円の経済対策を裏付ける最初の予算となる一般会計総額3兆2869億円の平成28年度第2次補正予算案が11日、参院本会議で自民、公明両党と日本維新の会などの賛成多数で可決、成立した。安倍晋三首相は直ちに執行に移り、アベノミクスを加速させたい考えだ。

 補正予算成立を受け、今後の国会審議は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案と関連法案の今国会成立の可否が焦点となる。

 TPPに関連し、首相は11日の参院予算委員会で、国の管理で行われている輸入米の売買入札をめぐる不透明な取引について「(指摘された輸入米は)政府が買い上げるのでコメの国内価格への影響はない。TPPへの影響はない」と強調し、政府が発表したTPP発効後の影響試算の見直しを否定した。

 補正予算は、安倍政権が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向け低所得者への1万5000円の現金給付などに7119億円を投じるほか、訪日外国人客が利用する大型クルーズ船に対応した港湾などのインフラ整備に1兆4056億円を充てる。

「ニュース」のランキング