産経ニュース

レギュラーガソリン2週続けて10銭安 ハイオクは横ばい

ニュース 経済

記事詳細

更新


レギュラーガソリン2週続けて10銭安 ハイオクは横ばい

 経済産業省資源エネルギー庁が28日発表した26日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、20日の前回調査と比べ10銭安い122円80銭だった。値下がりは2週連続で、足元の原油価格の低下が影響した。

 地域別では24都道府県が値下がりし、13府県が横ばい。10県が値上がりした。

 下げ幅は神奈川が90銭と最も大きく、兵庫と長崎の60銭が続いた。上げ幅が最大だったのは奈良と愛知の50銭で宮崎が30銭だった。京都、沖縄などは横ばいだった。

 調査した石油情報センターの担当者は、来週について「石油元売りの多くが卸価格を据え置いており、小幅な値動きだろう」と予想している。

 ハイオクは前回調査と同じ133円70銭、軽油は10銭安い102円40銭だった。

「ニュース」のランキング