産経ニュース

同性パートナーにも一時金 日生、社会変化に対応 大手初、契約に明文化

ニュース 経済

記事詳細

更新


同性パートナーにも一時金 日生、社会変化に対応 大手初、契約に明文化

 日本生命保険は26日、がんなどの病気が判明した際に一時金を支払うタイプの生命保険に関し、患者本人に代わり一時金を受け取れる対象を同性パートナーや事実婚の相手にも拡大した。死亡時の保険金受け取りでは既に認めているが、ライフスタイルの多様化や社会の変化に対応し、適用範囲を広げた。

 保険契約の約款で明文化し、制度として認めたのは大手生保で初めて。第一生命保険や住友生命保険は、カップルの申し出を受けて「個別に判断」することで対応している。明治安田生命保険は対象を拡大する方向で検討している。

 日生は26日付で約款の対象者に「(本人と)同居、または生計を一にしている者」と「死亡保険金受取人」を追加した。シェアハウスの同居人も受け取り可能になるほか、既存の契約でも変更を可能とする。代理人は受け取った一時金を治療費や入院費に充てられるようになる。

 保険業界では、東京都渋谷区などが同性カップルを結婚に相当する関係と認めたことをきっかけに、同性カップルを保険金の受取人と認める流れが加速している。

「ニュース」のランキング