産経ニュース

米司法省、ドイツ銀に1兆4千億円の和解金を要求 リーマン引き金の不正販売で

ニュース 経済

記事詳細

更新


米司法省、ドイツ銀に1兆4千億円の和解金を要求 リーマン引き金の不正販売で

 ドイツ銀行は16日、2008年の金融危機のきっかけとなった住宅ローン担保証券の不正販売などに絡み、米司法省から140億ドル(約1兆4300億円)前後の和解金の支払いを求められたと発表した。

 ドイツ銀行は「他の銀行は著しく低い金額で和解しており、同様の結果を期待している」と説明し、大幅な減額を要請する意向を示した。司法省との協議は始まったばかりという。

 問題となった取引は05~07年に行われた。米当局は、金融危機時の問題を巡って米銀行とは和解が進んだため、矛先を国外の金融機関に向けているとされる。ドイツ銀行もかねて巨額の支払いが必要になると指摘され、株価低迷の一因となっていた。

 ドイツ銀行は収益悪化に伴い、投資銀行部門などのリストラを実行中。和解金の支払いは低迷する業績に打撃となりそうだ。(共同)

「ニュース」のランキング