産経ニュース

「手ぶら観光」で訪日客をおもてなし JTBとパナ、ヤマトが荷物の配送で協業

ニュース 経済

記事詳細

更新


「手ぶら観光」で訪日客をおもてなし JTBとパナ、ヤマトが荷物の配送で協業

 JTBとパナソニック、ヤマトホールディングスは31日、訪日外国人旅行客が手ぶらで観光できる新サービスで協業すると発表した。トランクなどの荷物を預かり、ホテルや空港などに配送する。

 全国展開に向け3社は、9月から都内で実証実験を行う。4年後の東京五輪・パラリンピックを前に、各社の強みを持ち寄り商機をつかむ考えだ。

 実証実験では、訪日外国人客は海外のJTB店舗などで予め申し込みをすませて来日。日本到着後の荷物の預け先は京王プラザホテル、ホテルサンルート有明など6つのホテルと羽田空港の計7カ所。荷物の送り先は都内、箱根、京都、大阪の旅館・ホテルと羽田空港。預け先の7カ所では、パナソニックが開発した受け付け用情報端末で送り状を発行し、手書きの手間を省く。午後4時までに預ければ、京都などへは翌日中に届ける。

 パナソニックとJTBは、多言語翻訳機能を備えたコンシェルジュ支援端末も共同開発した。宿泊施設に提供する事業を年度内に始める。

「ニュース」のランキング