産経ニュース

被災者の声をもとに防災士がセレクトした実践的な防災セット

ニュース 経済

記事詳細

更新


被災者の声をもとに防災士がセレクトした実践的な防災セット

避難生活に必要と考えられる33アイテムを網羅したフルセット 避難生活に必要と考えられる33アイテムを網羅したフルセット

30年以内に70%の確率で発生するといわれている首都直下型地震。これを受けて、東京都が昨年9月1日に発行した防災対策ガイドブック「東京防災」は、地震発生から、避難生活、生活再建に至るシミュレーションや、「今やろう防災アクション」と題した災害時への備えなどいざという時の心構えを示した。それから1年を経て迎える今年の「防災の日」。この間だけでも熊本地震をはじめ台風、豪雨などの自然災害が日本列島を襲った。文字通り災害は忘れた頃にやってくる。9月1日の防災の日を前に産経ネットショップでは、防災士が選んだ実践で使える「オリジナル非常用持ち出し袋」を発売した。<産経netshop>

 防災・防犯用品などを手掛ける角利産業(新潟県三条市)の防災士、渡辺岳宏氏の協力のもと、2タイプの「非常用持ち出し袋」を用意。「防災は政府や地方自治体だけでまかなえないことは、今日の大型地震の対応で解ってきています。そのように考えると個人ひとりひとりが、災害に対して少しでも危機意識をもって準備していかなければならない」と渡辺氏。今回用意した「非常用持ち出し袋」は、個人が準備できるものを今のうちから準備するというテーマで作り上げた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 被災者の声をもとに防災士がセレクトした実践的な防災セット

「ニュース」のランキング