産経ニュース

就農でもない、趣味でもない新しい農との接し方 "農家を応援する新しい仕組み"「ファームヘルプ」リリース

ニュース 経済

記事詳細

更新


就農でもない、趣味でもない新しい農との接し方 "農家を応援する新しい仕組み"「ファームヘルプ」リリース

株式会社アグリ・コミュニティ
 農業ベンチャーの株式会社アグリ・コミュニティ(本社:広島県広島市南区比治山町3-14、代表取締役:熊谷直也・鍵悠平)、株式会社アグリメディア(本社:東京都新宿区西新宿6-15-1、代表取締役:諸藤貴志)は2社共同事業として、新しい農業の担い手を育成し、農業者を応援する仕組み「ファームヘルプ」のサービスを8月28日より開始いたします。
 ファームヘルプは、「農業に関する実務的な研修」と「農業者の下での実地経験(業務)」を習得した登録者を育成し、プロ農家から農作業を受託するサービスです。 農業者にとっては、本当に人手が必要な農繁期に、質の高い人材を必要な人数、日数だけ確保することが可能です。 農業を学びたい人、稼ぎたい人にとっては、様々な農業者の仕事を受託しながら学ぶことができ、仕事の期間も選べて、週末からだけでも始めることが可能です。
まずは、首都圏中心に事業をスタートし、初年度登録者500名、農家からの受託200件で初年度売上6,000万円を目指します。

(ファームヘルプ 関係図)
[画像1: http://prtimes.jp/i/21022/4/resize/d21022-4-938616-0.jpg ]

(ファームヘルプの概要)

[画像2: http://prtimes.jp/i/21022/4/resize/d21022-4-578623-1.jpg ]

サービスの狙い
・一定のレベルの労働力を必要な分だけ農業者に提供することで、農業者の生産性の向上・規模拡大に寄与する
・就農希望者に対して、実務研修を受けた上で、様々な農業者の下で経験を積むことで、農業への理解を深め、就農まで至る人を増やす
・高齢者、障害者、若年層(職のない)への雇用創出

想定登録者(ファームヘルパー)
・アクティブシニア、主婦(農業に興味がある方)
・就農希望者(週末を中心に、現在の仕事をしながら農業を勉強したい方)
・季節労働者(農場を渡り歩いて生活している方)
・障害者(農業で就労を目指している方への研修の場として)

研修メニュー
・多様な農家の仕事内容の紹介と、栽培工程の講義
・畑で実際に農作業の実習(除草・収穫など)
・農作業の道具・資材・農機具の使用法の実習
・研修生の適性診断と、業務の要望ヒアリング
・受け入れ先のプロ農家にて就業体験

研修農場
・場所:千葉県松戸市
・作業内容:除草、畝づくり、収穫、選別・パッキングなど
[画像3: http://prtimes.jp/i/21022/4/resize/d21022-4-152971-2.jpg ]

[画像4: http://prtimes.jp/i/21022/4/resize/d21022-4-846791-3.jpg ]

▲研修・実地経験イメージ

株式会社アグリ・コミュニティの概要
企業理念 :農業インフラを構築し続けることで世界を変えていく!
株主 :経営陣、REAPRA VENTURES PTE LTD
資本金 :750万円
事業内容
【キャリア事業】
□農業に特化した求人情報サイト『あぐりナビ.com』の運営
・有料職業紹介(厚生労働大臣許可34-ユ-300341)
・求人広告
・体験農業
【その他事業】
・地域活性化支援

株式会社アグリメディアの概要
企業理念 :農業の活性化・効率化を生む、優れたプラットフォーム(場)の提供をすることで日本の農業の発展に貢献する。
株主 :経営陣、REAPRA VENTURES PTE LTD 三菱UFJキャピタル株式会社他
資本金 :19,800万円(資本準備金含む)
事業内容
・農業体験イベント「ノウジョウシェア」の運営
・サポート付市民農園「シェア畑」の運営(日本最大)
・生産者と共同経営の飲食店「農家カフェ」の運営
・遊べる農園「アグリパーク」 (伊勢原市より指定管理)
・里山オーナー会員権「里山シェア」(神奈川県地域活性事業)
・農園付住宅の企画・開発
・農地活用提案(法人・生産者向け)

「ニュース」のランキング