産経ニュース

ファミマとサークルKサンクス、統合後は順次「Tポイント」に一本化

ニュース 経済

記事詳細

更新


ファミマとサークルKサンクス、統合後は順次「Tポイント」に一本化

ファミリーマートで採用しているTポイント用のTカード(左)と、サークルKサンクスの楽天スーパーポイント用「Rポイントカード」(右) ファミリーマートで採用しているTポイント用のTカード(左)と、サークルKサンクスの楽天スーパーポイント用「Rポイントカード」(右)

 コンビニエンスストア大手のファミリーマートとサークルKサンクスを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスが、9月の経営統合後に、傘下のコンビニの共通ポイントを「Tポイント」に順次、一本化する方針を固めたことが25日、わかった。

 現状ではファミマがTポイント、サークルKサンクスが「楽天スーパーポイント」を採用している。今後、サークルKサンクスの店舗は2年半程度かけてファミマに統一する予定となっている。その過程で、共通ポイントも順次、Tポイントに一本化していく。

「ニュース」のランキング