産経ニュース

【消費の壁(下)】買わなくてもレンタルで…シェアリングエコノミーで「モノ離れ」加速

ニュース 経済

記事詳細

更新

【消費の壁(下)】
買わなくてもレンタルで…シェアリングエコノミーで「モノ離れ」加速

□ □ □

 米配車サービス「ウーバーテクノロジーズ」や米民泊仲介の「エアビーアンドビー」など、米国で先行したシェアリングエコノミーは、日本市場にも着実に浸透しつつある。日本総合研究所の下田裕介副主任研究員は「国内でも若者を中心に消費行動は大きく変化する」と指摘する。

 こうした「モノ離れ」が進む市場で、いかに消費を促すか。三越伊勢丹ホールディングスの石塚邦雄会長は「ニーズは多様化、パーソナル化しているからこそ、機能面などで消費者が関心を持ち、満足を得る商品であれば、高くても売れる」と強調する。

 デザイン性の高い家電を手掛けるベンチャー、バルミューダ(東京都武蔵野市)の「ザ・トースター」は1台2万2900円(税別)だが、若者を中心に人気が高い。電気ヒーターと水蒸気で加熱し、焼きたての香ばしさとふっくらした口当たりの「驚くほどおいしいトーストができる」という独自性がヒットの秘密だ。

 生活者の嗜好とともに消費のかたちは多様化が進む。モノ離れが進む若者の消費を促すには、新たな価値の提供が必要だ。そこに、次代につながるビジネスのカギがある。(おわり)

 この企画は平尾孝、松村信仁、中村智隆が担当しました。

「ニュース」のランキング