産経ニュース

【消費の壁(下)】買わなくてもレンタルで…シェアリングエコノミーで「モノ離れ」加速

ニュース 経済

記事詳細

更新

【消費の壁(下)】
買わなくてもレンタルで…シェアリングエコノミーで「モノ離れ」加速

 大手総合商社に勤務する男性(29)は週2回、テニススクールに通う。競技志向の上級者を対象にした「トーナメントクラス」が始まるのは午後11時半から。レッスン終了は午前1時半だ。

 すでに電車も動いていない時間だが、自宅の近所で時間単位でコンパクトカーを借りる「カーシェアリング」が彼の足だ。独身で1000万円近い年収がある。だが、「駐車場の月決め料金などを考えると、カーシェアで十分だ」と、マイカーに興味を示さない。

□ □ □

 モノの所有にこだわらない。こうした若者の「モノ離れ」による消費の停滞に、経済界は懸念を強める。レンタルや共有ですむものならば購入せずにすませる「シェアリングエコノミー」は、個人消費の見かけ上の数字を押し下げるためだ。

 自動車などはこれまで購入が普通で、統計上も個人消費に分類された。だが、カーシェアの場合、個人消費に計上されるのはわずかな利用料金のみだ。シェアリングエコノミーの普及は、結果的に「1世帯当たりの個人消費を小さいものにしてしまう」(総務省統計局)という。

 同サービスを展開するパーク24は、7月末の会員数が約67万人、保有車両数は1万5467台となった。4年前に比べそれぞれ5.3倍、3.6倍に膨らんでいる。「マイカー感覚で利用する会員が増えた」(経営企画本部)と市場拡大に手応えをみせる。

続きを読む

「ニュース」のランキング