産経ニュース

重工各社、IoTやAI活用のサービス対応急ぐ GEなど海外勢との受注競争で不可欠に

ニュース 経済

記事詳細

更新


重工各社、IoTやAI活用のサービス対応急ぐ GEなど海外勢との受注競争で不可欠に

重工各社は設備納入後のIoTやAIを駆使した保守サービスに力を入れている=相模原市の三菱重工業・相模原製作所(三菱重工業提供) 重工各社は設備納入後のIoTやAIを駆使した保守サービスに力を入れている=相模原市の三菱重工業・相模原製作所(三菱重工業提供)

 重工各社がIoTやAI技術の取り込みに一斉に動いている。すでに、米ゼネラル・エレクトリック(GE)や独シーメンスなど欧米勢がこうした先端技術を使い顧客に付加価値の高いサービス提案をしており、これに対抗するためだ。

 GEは航空機エンジンにセンサーを搭載し、故障予知や燃料コストを削減するサービスを展開。シーメンスも独自のビッグデータ解析システムを開発し、顧客へのサービス提案を強化している。国内企業では日立製作所や東芝もIoTやAIの取り込みに力を入れている。

 重工業の分野では、従来の顧客の注文通りに「ものづくり」をするだけでは差別化を図れず納品後に有効なデータを提供するサービスの重要性が増している。

 先行する欧米勢に対抗しようと、国内重工各社も対応を急いでいる。三菱重工は重要インフラのセキュリティーを確保するため、NTTと提携した。米IBMのAI「ワトソン」の導入も検討している。宮永俊一社長は「他社との提携で対応を急ぎたい」と話す。

 一方、航空機エンジンや橋梁など手がけるIHIもグループ共通の情報基盤を整備している。4月にはIoTを推進する部署の人員を倍増した。製品の稼働状況の遠隔監視や、故障を事前に検知するサービスを各事業部に広げる方針だ。

 政府は新成長戦略としてIoTやAIなど次世代技術を活用した「第4次産業革命」の推進を掲げているが、国内勢の対応が遅れれば、GEやシーメンスとの差が開く可能性もある。

「ニュース」のランキング